佐野医院の庭時々
今回は2017年7月
2017年7月の庭

号外  SINN・SANOIINN//シン・サノイイン 現る

その時の驚きはたとえて言えばゴジラの出現  大きくて、迫力あって、突然で、驚きで、、、
『南海の孤島、大戸島の山の端に突然姿を現したあのゴジラのようだった・・・。。。』
と目撃者つぶやく。(1950年代に子供時代を過ごした人物の感想)
写真で見る シン・佐野医院出現まで
平成29年4月8日地鎮祭後
4/15 ひたすら穴を掘る
4/20 地下鉄でもできそうなくらい深く深く
4/23〜26日、穴の範囲が大きくなっていきます。湧水が多く水の汲み出し音で
ご近隣にはご迷惑をおかけしました。
そもそも義会の名は富士宮浅間神社の湧く玉池から頂いたので??(>_<)名前の通り?
5/9〜背筋工事が進んでいます
5/12〜外周部型枠、基礎型枠と
 埋め戻し 何だか古墳の発掘調査のように丁寧で、慎重な作業です
6/3 6/9
6/12 朝9時40分 6/12 11時41分
6/12  17時18分
8時間弱
6/15  9時25分
6/15  10時 6/15 東側から
目の前の田んぼが金色に色づく頃、佐野医院も収穫の時を迎える予定です
どんな姿で仕上がるのか、楽しみでもあり不安でもあります。
どうぞ、夏の暑さ、雨、風、乗り越えて無事完成できますように
八百万の神々に祈る気持ちです。
4月の地鎮祭の前日に蒔いた種が花を咲かせ 食べきれないほどのレタスを収穫しています
蒔かない種は生えない、と言いますが蒔いたつもりもない雑草が生えてきたり
せっかく蒔いた種を芽吹く前にカラスや鳩が食べてしまったり・・・・・。
蒔いた種が必ず芽吹くわけではなく芽吹いても育つとは限らない。
かろうじてこの土地に馴染んで育ってくれた植物を大切に育んでいきたいと思っています