〜〜それから〜〜


前回の『佐野医院の庭 時々』は5月でした。
それから3か月がたち、9月になりました。
たった3か月ですが様相はだいぶ変化してきました。

計画 (おかげさまで計画は順調です)。
Step1.平成28年4月1日から自宅一部解体
     10年間楽しんで、手入れして大事にしてきた庭に別れをつけ
     新たなる船出、出発の時です。
6月下旬 ついにシンボルツリーの引っ越しです。
川べりに初夏に咲く金糸梅もブルーベリーも、お引越し。
つりばなもひめしゃらも、そよごもハーブたちも、み〜んなしばし仮住まい中
シンボルツリーの白モクレンが抜けた穴。
この残がいを見ると、がっかりしてさすがにしばらく庭に出る気持ちがなくなりました。
しかし幸いなことに工事業者の、G建設のGさんが大の植木好き。
工事しながら、水まき、植え替え、剪定までしてくださいました。
そして花々、木々の状況を見かねたのでしょう、佐野医院の草木の一部を
鉢に植え替えて、預かってくださっています。
本当に、本当にありがたいことです。
2016年9月 ブルーベリーが植わっていたところに橋を架け 自宅への
アプローチができました。



                                       2016年9月
〜〜これから〜〜
Step2.平成29年 2017年1月中旬
     全住宅部分解体・・・工事開始 1月から今までの自宅部分に
     新佐野医院を造ります
ここから ここまで
Step3.2017年 平成29年12月初旬 内科 小児科部門 先行オープン
    平成29年11月完成
    ⇒11月下旬から1週間ほど休診させていただき引っ越しします。
    1階に内科 小児科 消化器内科(平成29年12月1階 内科だけオープン)
    2階にレディースクリニック (平成30年3月仮オープン)   
    これから新診療科目の機械が入ります
Step4.29年12月から〜平成30年3月までに現診療所を解体、
     現診療所の部分を解体し、車寄せと駐車場を造ります
医院 解体中の患者様 出入り口としてこの橋を使用します
Step5.平成30年5月全科フルオープンの予定
     その時は こちらが新・佐野医院への架け橋となります。
皆さんに、もったいないね・・・と声を掛けられます。
もちろん、私たちも思い入れのある、まだ使える住居を解体して新病院を建てるのは
一大決心でした。
しかし、佐野医院の基本中の基本は
『曾祖父母から曾孫までご利用いただく医院』として、地域医療に貢献することです。
それには時代のニーズに合わなくなっている設備も多々あり、大変化を遂げるためには
大変革が必要で、とても改築では間に合いませんでした。
新・佐野医院が目指す医療
『曾祖父母から曾孫まで、各年代の方々に安全で安心な医療をご提供する』
という佐野医院の理念をより一層、建築に投影することとしました。

@院内をバリアフリー化しあらゆる年齢の方々が使いやすい環境を整えます。
A車寄せ、風避けスペース、多目的トイレ、の設置
B電子カルテ化
C診療科目の多様化を4人の医師によって行います
    1.)内科 小児科・・・・・今までと同じです
    2)消化器内科・・・・・・・胃カメラ 大腸カメラ 肝臓疾患
    3)放射線科、乳腺外来・・・・・・・女性医師によるマンモグラフィとエコーと触診
    4)産婦人科・・・・・・・・・妊婦検診 子宮がん検診等
D最新の技術、施工によって患者様により一層快適、安心、安全な医療を提供する
E徐々に院外処方に切り替え、より多くの疾病に対応したいと思います。

それまで、皆様にご不便をおかけしますが よろしくお願いします。
2016年9月  庭の管理人