7月に入ってからは雨、雨、雨・・・今年は、空梅雨か・・・?
と思いきや、どこかで帳尻を合わせてくる。それも勝手なタイミングで。
昨今は庭に出ることもかなわず、毎朝、空を眺めてはため息、農作業は中止。
心にもカビが生えてきそうです。
でも、佐野医院の庭はそれなりに頑張っていますよ。どうぞお入りください
玄関、黄色の花は ルドベキア、ピンクのクフェアも茂ってきました。
今月一番美しいのはジニアプロフュージョン 5月の『ご縁の花』で活躍後、
痛んだ花を摘み取り咲き終わった花をカットして、バックヤードで入院、療養していました。
 そして今再び、復活して活躍中。以前にも増して元気。
ペチュニアが大きな株に育ってきました
芝生は青々としてきましたが・・・よく見ると〜〜。。。きのこが〜・・・Wao(>_<)
今年もまたキノコが生えてきました。ちょっと気持ち悪いです。
今年のひまわりは『産めよ増やせよ世に満てよ』との神の御言葉に従ったかのようで
何だか子だくさん。大変なことになっています。嬉しいような、不安なような。
後ろのトマトやナスやピーマンに日が差さなくなってしまいそうでちょっと心配


キッチンガーデン
大根、コールラビ、きゅうり、トマト、ピーマン。
ニラは毎度お馴染み。地面を耕しているとコロン、コロン、と出てくる目残しジャガイモ
今年もブドウがたわわに実っています。今年こそ、虫に食べられないようにと袋をかけました。
バジルが育ってきたので畑に植え替えました。
枝豆とニラとゴウヤ ベールの下は枝豆とサツマイモ(安納いも)
昨年から、こぼれた種から育ったしその葉が今年も大量にとれます。
もったいなくて昨年はバジルのジェノベーゼに対抗して紫蘇でシソベーゼを作ったのですが、
少し香りが強すぎて、料理には不向きなのでは?と思いました。
そこで、今年は単純に紫蘇の塩漬け。おにぎりや巻き寿司に利用しようと思います。
キュウリとトマトは期待が持てそうです。
右は茗荷。茗荷に、紫蘇の葉、後はショウガがあればおそうめんに最適
(左)少し時機を逸してしまいましたが、一ヶ月半おくれで里芋を植えました。
以前、掘るのに一苦労した経験から
今年は園芸土が入っていた袋を利用して、袋の下に穴を開けてこの中で育ててみます。
ご近所の農家でこんな風に育てているのを見て、真似しよう!と昨年から思っていたのです。
土寄せは、この袋の中に土を足していけばいいのでしょう?
植えるの遅すぎたかな?まだ大丈夫かな?・・・楽しみです。


7月のえん(円またはご縁)の花
今月は日々草です。7月の日差しによく映えます


かつての子供たちへ
ある晴れた日、隣の堀に子供たちの歓声が響いていました。『私、この川大好き!』
と、青い服の女の子。『これが採れたの』と誇らしげに(かなりぐったりした)蟹を見せる
赤い服の女の子。男の子たちは言葉はいらない、ただ、ただ夢中で鯉を追います。
この橋の下に30センチ〜40センチもあろうかという大物が泳いでいるんです。
『お〜い、今は大人になったかつての子供たち!!』どう?懐かしいでしょ?
最近は何だかニュースを見るのもつらくなる事件や事故が多すぎます。
私たち蓼原地区のおばちゃん、おばあちゃん、おじちゃん、おじいちゃんは君たちを
一生懸命、絶対守るからね、元気ですくすく育ってね。