富士市周辺にとっては、なんともかとも、大変な9月でした。
9月に接近した台風は二つ。台風15号では久々に恐怖を味わいました。
最近まで富士市は大きな災害が起きなかったため油断をしていたかもしれません。
幸い佐野医院では庭が荒れた程度で大きな被害はなく安堵しましたが・・・
9/21日(水)16時から翌朝8時まで停電。電話は不通に。
医院の電話は災害時優先電話・・・この言葉にずっと安心して来たのに
優先だったかどうかは???疑問です。
電話の復旧は結局土曜日の午後までかかってしまいました。


台風15号の被害状況と後始末
せっかく用意した白菜とブロッコリーの防虫シートは吹き飛び、苗はよれよれ。
せっかく咲いた白妙向日葵は観賞するまもなく、
そしてあともう少し楽しめたはずのトマトも・・・・匍匐(ほふく)前進に。。。
せっかく作ったゴウヤの棚も倒されて、もはや撤収しかありません。残念です。
信じられないことに鉄製の重いベンチは1.5メートルも移動。
それなのに軽いサンダルは籠の中にちゃんと収まったまま。
何がどうなったのでしょう?  いったいどんな風が吹いたのでしょう?
何か看板が飛んできている・・・と拾ってみれば・・・
佐野医院の看板でした。・・・よその家に当たらなくてよかったです。
本来あった西側の駐車場から飛んできたのでしょう。
ご近所の田んぼではなぎ倒された稲。でも、殆どの稲が刈られた後で、
倒れた稲も乾けば大丈夫だそうです。よかったですね。
カーポートの屋根が飛ばされたり、マンションの窓ガラスが割れたり、停電したり・・・。
潤川でバイクごと流された方も・・・・その後残念な結果が富士ニュースに載りました。
隣のマンションと佐野医院の間(北側の駐車場)を駆け抜ける風は半端ではありません。
車のドアを開けるのも恐怖、南側に面した医院玄関は開いたとたんに猛烈な風で
煽られたことでしょう・・・・本当に危険だったと思います。
21日(水)当日、悩みましたが、空振りでも、何かあってからでは遅いから・・・と、決断し
午後は臨時休診にしました。
昔は患者様にお知らせする方法は、張り紙しかなかったのです。
現在では予約システムを通して、またホームページ上に『お知らせ』を載せて
皆様にお伝えする事ができました。文明の利器に感謝です。
ホームページを作っていてこんなによかったと思ったことはありませんでした。


さてさて、ここでようやく10月の庭
前置きが長くなりましたが庭は一気に秋の装いに。
ゴウヤの棚の後は・・・・少し雰囲気を変えてみました。
この棚に、今度はクレマチスを絡ませたいと思っています。


寄せ植えコーナー
パンジー、ビオラ、黄花コスモス、ジニアプロフュージョン、皆々様、出番ですよ。
そして、定番の花に加えて・・・楚々とした美人をお迎えしました。・・・その名は岩沙参(イワシャジン)
毎年、夏を越せず、枯らしてしまうのに・・・・やはりこの時期誘惑に負けてしまいます。


キッチンガーデン
採り頃を逃したゴウヤは笑いすぎて顎をはずしたピエロのようで・・・可笑しくもあり、不気味でもあり・・・
どんなときにも元気に乗り切るのはニラ 今年初めてタマネギを植えてみました。
ホームタマネギという球根。
植えておくと一回り大きくなるのだそうです。
楽しみです
今年初めて育てた落花生。
できているのかな〜???
今頃になってですが、土寄せと追肥を施しました。
台風、長雨のため時機を逸しましたが、
・・・挽回できるか?
野菜が高騰しています。
・・・でも、自然のもたらした災難、
致し方ないのかもしれません。
佐野農園も種まきからやり直しです。
コールラビとつる無しインゲン、ほうれん草、
白菜を蒔きました。
落花生の葉が枯れ収穫期を迎え、蒔いた種が苗に育つ頃、秋は本番を迎えることでしょう。