10月8日 台風が2年ぶりに日本に上陸。和歌山、茨城では被害が出たようですが
富士市は明け方に強い風が吹いた程度。幸いにして大きな被害は無し。
庭の木々が色づき始め、長くなった影、抜けるような青空。
台風去って、空気が入れ替わり、美しい秋がやってきました。
神無月の月。朝7時頃ですが、これも有明の月というのでしょうか? 美しさに見とれます。
柿の実、つり花は色づき、空を背景に踊っているようです。
 
くっきりとした長くなった影・・・秋の訪れを感じます。
 

待合室にも秋がやってきました。


寄せ植えコーナー
白コスモス、ピンクコスモス、黄花コスモス。 
ジニア、ダリヤ、日日草、そして、岩沙参とエリカ・アクアレッド
オキザリスは庭のアチコチで咲き誇っています。・・・なんと優秀で、たくましい人材(植材?) 


庭を彩る、お馴染みの顔、新顔、復活組、
10月になっていつもの場所に
やっと咲いた白妙向日葵。たった一輪。
待っていたよ、心配したよ・・・と声をかければ
お待たせ〜!・・・と元気な声。
フェンス西側に植えました、 
お馴染みのビオラ。
目立たなくて、日陰で悪いね・・・とあやまると
少〜し愛して、長〜く愛して・・・と優しい声。

頭の先からつま先まで、
全身着飾ったエリカ・アクアレッド。なんてゴージャスな・・・と讃えたら・・・別に〜〜・・・な〜んて、言いませんでしたよ。



昔は夏の定番、どこにでも咲いていたダリヤ。しばらく見かけなっかたうちに変革を遂げたのでしょう。自己改革は大成功。・・・あなた、誰りや??


昨年の新入会員、岩沙参(イワシャジン)今年は見られないのかと危ぶんでいましたが・・・
鉢の手入れをすると、ナデシコの陰に隠れて、秘かに咲いていました。
大当たり〜!嬉しくて、この釣り鐘、キンコン、カランコロンと鳴らしたくなります。


キッチンガーデン
暑ければ暑いなりに、寒ければ寒いなりに、雨なら雨なりに
健気に環境に合わせようともくもくと努力する生物。頭が下がります。
しかし、今年の夏は、さすがについていけなかったようです。
夏野菜は、残念な結果でした。 秋に期待したいところです。
植物の成長にとっては安定こそが望ましい、とにわか農家は思います。
急激な変動、大転換は作物に被害を与えます。どうぞ、変革は穏やかに・・・と願いたい。

ピーマンは大豊作。
8月に蒔いた大根はもう収穫できます。
目残しの枝豆もこの時期に有りがたく、
VIPなみに扱いました。

食べきれなかったピーマンは赤くなってしまいました。
観賞用としてはOK。食用としては??

キャベツと白菜が芽を出してきました。 どうぞ、虫に食べ尽くされませんように。
人間の食べるところが残りますように。

比較的虫に好まれないプチヴェール。
時間はかかっても確実に収穫できる。
・・・・その意味で、今年も登場。

番外ですが・・・・稲刈りが終わった医院前の田んぼ。
最近は、春にレンゲが少なくなって寂しい気がします。