突然の新型インフルエンザ騒ぎも一段落の感。
弱毒性ということで、ホッと胸をなで下ろします。
以前から事態を想定してマスク、タミフル等、必要と思えるものは
備蓄していましたがそれでも在庫があっという間に品薄になるなど
反省点も多々ありました。
この時期貴重なマスクを譲ってくださったA様、
遥か実家、沖縄の地から取り寄せてくれた看護士Sさんの機転に感謝します。
緊張しましたが、鳥インフルエンザのように強毒でなくてよかったです。
佐野医院は皆さんの力で支えられていると実感。
ひとまず安心。しかし、この経験を無駄にしないようにしたいと思います。
 
6月の声を聞くと同時に 水辺が賑やかになってきました。
雨と雨の間の農作業も忙しさを増してきます。
なめくじ、かめむし、ダンゴムシ・・・虫たちに先を越されまいと懸命の日々
   

医院の倉庫に目隠ししようと
今年始めてロベリアをハンギングにしました。

おなじみのラベンダーセージも咲き始めました
今年のラベンダーは勢いがいいようです。

5月半ばに美しく咲いた薔薇。
知らない間に背丈も伸びて、
知らない間に散ってしまいました。残念です。

ジューンベリーが実を付けました。
美しいピンク色から時期を過ぎて、
色黒になりましたが今が食べ頃。


庭仕事、失敗いろいろ、
庭仕事をしていると、農作業は子育てに似ていると時々思います。
大事にしすぎてもダメ、ほったらかしもダメ、
手を入れしすぎてもダメ、適当もダメ、肥料のやりすぎ、やり無さすぎもダメ、
程々が一番。しかし、その程々がなかなか難しい。
そして一番難しいのはタイミング。
急いては事をし損じる。かといって、暢気にしていたらその時期を逃す。
覆水 盆に戻らず、落花 茎に戻らず

アマリリス

昨年知人から頂いたアマリリスの球根の鉢植え
楽しみに、大事に、していたのに、アチコチ移動しすぎて
庭木に引っかけ、ポキッとつぼみ落ちて 
覆水 盆に戻らず、落花 茎に戻らず
開花は あと一日か?というところだったのに・・・・残念無念
一年地下で過ごしてから、やっと茎に戻ってくれました。

ジャガイモ

植えっぱなしで楽だから・・・と、ほったらかしだったら
いつの間にか虫に食われて葉は、葉脈だけとなり  
掘ってみれば小芋だけ

スナップエンドウ

周りの雑草を抜き、小さな雑草も残さじ!と
手入れしすぎて、ついでにエンドウまで抜いてしまいました。
あわてて埋め戻しましたが・・・元に戻らず枯れました。

エニシダ


毎年綺麗に重たげに咲きほこるエニシダ
昨年咲き終わった枝、適当に剪定したら
今年は、・・・・・・・一枝しか咲かず・・・。
どうも、花芽まで切ってしまったようで・・・。


キッチンガーデン
ニンジンは器量は悪いけれどなかなか甘い
目残ししていた大根に蕪。そして失敗作のジャガイモ。さて、お味は?

カボチャとつるなしインゲンは期待が持てそう。

収穫したジューンベリー さて、どうしたものかと思案の末、やっぱりジャムに。 
昨年のヤマモモジャム【レモン入れずぎ事件】に学び 煮て→裏ごしして→細かな種を取り除き
→レモン入れすぎに気を付けて→煮詰めて完成。        今回は、まずまずの出来。