6月に入り、とたんに雨ばかり・・・庭仕事もはかどりません。 
6月2日東海地方も梅雨入り、 去年より12日早いそうです。


聖火防衛隊??現る??
ラベンダーセージに囲まれた薔薇一輪。
まるで、背の高い、屈強な聖火防衛隊に囲まれた聖火のよう。
佐野医院の聖火も沿道からは、よく見えません。
薔薇をとるか、セージをとるか、どちらも大事で、・・・悩ましいところです。


見〜つけた、実〜つけた、庭の宝石。輝くのはいつ?
今年初めて実った山桃。いったい、いつ花が咲いたのか?
どうやって食べようか?・・・・収穫する前から皮算用。
おなじみのブルーベリー
今年こそジャムにできるか?
むべ ・・・数えたところ10個は実りそう。 かき・・・・昨年は木守りさえ残せない、たった1個の実り。
さて、今年は?


キッチンガーデン
豆苗として2度収穫。さて、三度目は?!・・・さやえんどうとして!
しめしめ、いかにもみるそうな、(やわらかそうな)サヤエンドウ!
・・・・U-waーwo!!・・・筋っぽくてとても、とても食べられません。
やはり、グリーンピースとサヤエンドウは似て否なるものか。
まるまる太ってから、グリンピースとして収穫。
全部でこれだけ。
じゃがいもは大収穫。小さいものから大きいものまで大事に掘り返しました。
宝物探しのようです。童心に戻ります。


水面にかかる6月の花
6月の川面の主役は錦糸梅です。
2〜3月のマーガレット、4〜5月の小手毬に続いて月代わりメニューのようです。
田んぼに水を張るため水位が上がり、水勢弱く、水も濁り、花にゴミ・・・。
なかなか理想通りの風景にはなりません。
やはり、6月は紫陽花。梅雨の鬱陶しさの中、ひときわ鮮やか。
水を得た魚のように元気いっぱい。


番外編
佐野医院の庭、お向かいの Sさんの田んぼにお客さんが来ていました。
仲良く暢気にお食事中の白鷺とカモ
毒餃子、殺虫剤の混入等、食の安全が脅かされる中、ホッとする光景です。