12月になって急にやってきた冬将軍。芝は枯れ木々の影が長くなり
庭には一気に冬が到来しました。
今年の季節は春・・・猛暑・・・残暑、秋は行方不明・・・そして不意打ち、いきなりの冬。
2008年はいったいどんな年になるのでしょう、
もし望めるものならば・・・・
春夏秋冬、それぞれの四季を感じられる穏やかな年になりますように。
木蓮は潔く葉を落とし、ブルーベリーは見事な紅葉を身にまといました。
西側のフェンスを長い間飾ってくれていたランタナ。
花が少なくなったのを機に感謝しつつ撤収。
その後にパンジーを植えましたが・・・・今のところあまり存在感がありません。
寒い季節にふさわしく、なんだか寂しい庭になりました。


キッチンガーデン
12月初旬、ついに誘惑に負けて“以ての外”を食べました。
歯触り、色彩、香り、いずれも、”思いの外”楽しめました。
しかし、来年からは、花を楽しむか、食を楽しむか、悩みそうです。

キャベツ、白菜は虫たちにだいぶ食べられてしまいました。


憤慨の庭・・・再び
手入れのためにシャベルを入れると出てくるのはまたまた今年も、猫のフン。
折角楽しみにしていた球根も掘り起こされて・・・・
憤慨しながら、フンと奮闘・・・・迷惑です。

斯くなる上は、剣山のような猫よけシートを、これでもか、とばかりに並べ立て、
おまけに猫よけ炭に木酢液。来月からはガーデンバリアという新兵器を使用する予定。
今に【猫のふん闘記】でも記そうか・・・??
・・・・少なくとも、猫よけグッズの評論家になれるかも知れません・・・・・