4月に入り 冬に逆戻りしたような日もあり、寒暖の差、激しく
草木もさぞ面食らっていることでしょう。
それでも、桜の開花は結局一週間程度の差。
むしろ自然の対応力の大きさに驚きます。
佐野医院でも庭は確実に、春。

あっという間に散ってしまった木蓮も芽吹き、
柿、むべ、山椒、つり花・・・あちこち、いっせいに新芽が出てきました。
フェンス越しに見える小径を黄色い帽子をかぶって、新一年生の列。
この姿も、春の風物詩。これから始まる!・・・・というこの勢いと喜び。
日本の入学式にはやっぱり春が似合うと思います。


庭いっぱいの春
ジャスミン こでまり チューリップ 水仙 フリージア パンジー マーガレット・・・・
今年の新顔はジューンベリー  どんな実を付けるか楽しみです。


赤・白・黄色・チューリップが笑った
笑いすぎて・・・・、外れたチューリップも・・・・
『チューリップ、ドタッとお花落っこちたね・・・チューリップ笑ってるね』


キンギョソウ、君の名は『ロミオのキス』
この花が庭に来たときは、ロマンチックな名前にふさわしく、
ハンサムで優しげな苗だったのに・・・・それから数ヶ月。
ずいぶんたくましく情熱的な『(ロミオのキス)の嵐』になりました。
ロミオも悲劇を乗り越え、雄々しくラテン系の明るさに変身したようです
ジュリエットとの仲もいいのでしょう、子孫繁栄、子沢山でびっくり。。。。


番外編
今年見た桜
3/31 柚野 K寺の見事な桜